参加者目線にこだわったセミナーテキスト制作
講師の思いに応える鍵となったキンコーズの対応力とは

CASE STUDY:08
導入商品:セミナーテキスト作成
業種・業態:医療業界専門コンサルティング/人材教育
経営戦略研究所株式会社

年間6,000件が開業・閉院するという競争の厳しい歯科医院をはじめ、医療業界を専門としたコンサルティングを行う経営戦略研究所株式会社(以下、経営戦略研究所)。毎月150医院を訪ねるコンサルティング業務とともに、事業の核となっているのがセミナーの開催です。キンコーズは、開始以来14年に渡ってセミナーで使用されるテキストの作成を担当。“参加者ファースト”の思いが詰まったテキスト作成を、短納期&クオリティで応え続けています。

 

課題

原稿の制作時間を最大限に確保したい

対応力1

タイトな日程に対応できる印刷体制

対応力2

紙原稿入稿OKのオペレーション技術

24時間体制、全国規模のネットワークで、前日入稿にも柔軟に対応!

経営戦略研究所が開催するセミナーは、年間で約50本。メインである実践経営塾・ベーシックコースだけでも東京と大阪の2会場で年4回、1回あたり約150名の参加者にテキストが配布される。キンコーズとの取引が始まったのは、代表取締役である岩渕社長が大手上場企業から独立した2005年。「発注を決めた一番の理由は、24時間体制で対応いただけるスピード感」と語られるように、入稿から納品までは20時間を切る短納期で行っている。「コンサルタントがセミナー講師も務めているため、原稿制作の時間は限られます。それでも納得のいく原稿にするためにギリギリまで内容を精査したい、という講師の思いから、入稿は前日の18時としています」。徹底したテキストへのこだわり、その実現にはキンコーズのサポートが鍵となっている。

続きをメールでご案内いたします

当インタビュー記事の全ての画像と文章の転載はご遠慮ください。無許可の転載、複製、転用等は法律により罰せられます。


キンコーズ・ジャパン株式会社

お客様相談センター:0120-001966 (電話サポート:平日9時~18時)