初めてのイベントブース出展が決定
開催まで1か月の準備期間を、キンコーズが強力サポート!

CASE STUDY:06
導入商品:ブース装飾・設計施工、パネルデザイン・電飾フィルム出力、配布チラシデザイン・印刷
業種・業態:建物・設備の保守メンテナンス
株式会社JM (Japan Management)

建設業界において保守メンテナンス事業を行う株式会社JM(以下、JM)は、独創的でユニークなビジネスを展開しています。建設業では初となるフランチャイズ制度の導入やITツールを活用したサービス開発など、次代を見据えた活動で注目視されるJMの今回のチャレンジは、「リフォーム業界最大級イベント」への出展。創業19年目の初の試みに、どんな企画プランで臨むのか—。準備期間約1か月にわたるキンコーズとの伴走をご紹介します。

選定理由

キンコーズネットワークの優位性

導入効果

スムーズな進行 & 的を得た内容

事後成果

商談につながる問い合わせ多数

全国的に「地の利」が優位する、キンコーズのネットワークパワー。

JMが初出展する「リフォーム産業フェア2019」は、7月末に東京、9月上旬に大阪の2会場で開催される予定で、企画・施工準備が進められた。主導を担ったのは、マーケティング本部事業企画部で、そのメンバーである鈴木さんに当時の状況を語っていただいた。「開催の2か月前には、弊社と取引のある会社にお声掛けをし、お見積の提示額による業者選定を行う旨を伝えました。」その結果、キンコーズが案件を取り扱うことになるが、理由は「東京、大阪の2会場で対応できるネットワークを稼動できること。他社さんは東京からの出張対応なので、地の利が活かせるキンコーズさんなら弊社との情報共有も含め、安心してお願いできるという意見が多かったですね。」

続きをメールでご案内いたします

当インタビュー記事の全ての画像と文章の転載はご遠慮ください。無許可の転載、複製、転用等は法律により罰せられます。


キンコーズ・ジャパン株式会社

お客様相談センター:0120-001966 (電話サポート:平日9時~18時)